色白おやじの妻ブログ

『色白(姓)りこ(名)』と申します。『色白おやじ』の妻で、3児の母です。

羨ましい妹と成長した兄姉【育児漫画】

夫が休みなく働いていた先月、私も所謂“ワンオペ”状態でした。

春休みと重なり、大変な日もありました。

洗濯物も大量で、私が台所を片付ける間にプキャとはっさくには自分の洗濯物を畳んで片付けるように言いました。

 

f:id:irojiroriko:20220412105042p:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20220412105109p:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20220412105131p:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20220412105157p:plain

不満とも文句とも言い切れない微妙な文言を二人で言い合っていました。

 

確かに、お勉強、お手伝い、自分でできることは自分でする。のレベルに達している二人からすると、かぼすは自由気ままで羨ましいと思うでしょう。

その気持も理解は出来ます。

しかし私からすると、

あのプキャが、こだわりが強く思い通りに行かないと吐くほどギャン泣きで、寝起きは100%不機嫌でなだめるのに時間も体力も奪っていたあの2歳の頃のプキャが!

あのはっさくが、お片付けの概念が永遠に備わらないのか?と思うほど散らかし放題で、食事は自分で食べると言う割には毎回毎回頭からつま先までグチャグチャになっていたあの2歳の頃のはっさくが!

自分の洗濯物を畳んで所定の場所に片付けることができているのです。

あの頃の二人からは想像も出来ないほど成長してくれています。

 

成長すれば出来ることも増えて、その分自分の課題も増えて時に負担になり嫌気が差すこともあるとは思います。しかし母親目線からすれば、成長を感じとても嬉しいのです。

大量の洗濯物を二人が自分の服を片付けてくれれば私の負担も減ります。とても助かります。

プキャはっさくがかぼすに対する気持ちは理解しつつも母親としては「君たちが片付けてくれておかーたんは助かる!成長を感じてとても嬉しい!」と伝えていこうと思います。

(実際伝えたら鼻の穴を膨らましながら、「まだ片付けるものある?」などど一瞬やる気を見せてくれる調子のいい兄妹です。)