色白おやじの妻ブログ

色白おやじの妻の『色白(姓)りこ(名)』です

プキャのイマジナリーフレンド

プキャが5歳の時に描いた『こころのぼく』

 

f:id:irojiroriko:20211019232030j:plain

ぼくはひとりじゃないんだ

だってこころのぼくがいるから

 

作詞作曲までしていました。

当時プキャは、突然この様な絵を描いたはものの、「こころのぼく」がコレした、アレしたと言うエピソードはありませんでした。

ただ、プキャの心に存在していたのだと思います。

 

時は経ち、7歳の一学期

プキャの朝の支度が遅くなり、いつも一緒に登校する友達とその日は行けず、一人で登校することになりました。

(私は時々プキャの通学路の途中までついていきます)

残念がるプキャを見てふと「こころのぼく」を思い出しました。

 

「プキャ、今日はこころのぼくとお話しながら行ってみたら?」と言いました。

するとプキャが「えー、無理だよぉ」と言ったので、

(さすがに、もういないのかな)と思っていたら

 

「話すネタがないんだよねー」

と言ったのです。

(まだ否定はしないんだ)と思いながら、

「話す内容はプキャが考えたらいいんじゃない?」と無茶を言って見送りました。

 

↓ちなみに夫が書いたその記事

wide-tree.hatenablog.com

 

 

それから何日か経ったある日、

f:id:irojiroriko:20211019235035j:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211019235107j:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211019235614j:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20211019235627j:plain

 

はっさくが「おかーたんの声真似聞けると思ったのになんなの??」というような表情で私を見ていました。

 

ちなみに私は4枚目の展開が2枚目の時、分かっていたのですが黙って見ていました。

 

 

プキャは、この時は「今でも時々心の家にいるよ」と言っていました。

しかし、この日以降プキャの口からこころのぼくの話は聞いていません。

今もいるのかどうかは不明ですが、いたら素敵だなと思います。

 

 

皆様はイマジナリーフレンドいますか?