色白おやじの妻ブログ

『色白(姓)りこ(名)』と申します。『色白おやじ』の妻で、3児の母です。

色白家女子のおしゃれ事情【育児漫画】

お絵かきが好きなはっさくとかぼす。

我が家のリビングには水性ペンがよく転がっています。

 

理想はペンにしろ玩具にしろ一回一回片付けて

【リビングリセット〜床には何も落ちてない☆〜】

なのですが私は無理です。

一回リセットしたところで数分後には、

もう人形やらペンやら転がっています。

 

だからこうなってしまうんですね↓↓

 

以前子どもが静かな時は具合が悪い時かいたずらの時が多いという記事を書きました。

 

irojiroriko.hatenablog.com

 

今回もその類なのですが、

かぼすには言い分があるのです。

 

とりあえず写真を↓↓

うわぁかぼちゃん…今お風呂に入ったばかりなのに〜

 

 

かぼすちゃん、出川哲朗さんの「お前はバカか?」ばりのポーズですが

決してそうではありません。

 

かぼすちゃんは「おけしょ、ここも」というのです。

「お化粧をしてここにも」ということです。

 

つまり顔に水性ペンは、

口紅かなにかの化粧のつもりみたいで、

『アイシャドウも塗ってくれ』と言うのです。

 

かぼす2歳3ヶ月。

もうメイクに興味を持ったみたいです。

 

ちなみにこの少し前、えらく静かだと思ったら

水性ペンを爪に塗っていました。

ピンクをぬりぬり

 

お次は青をぬりぬり

 

なんとバイカラーネイル(笑)

 

これが初めてかぼすがマニキュアをした日です。

(私は下敷きとなっているカレンダーの裏にお絵かきをしてと言ったのですがね…)

 

最初はコソッと左の爪をぬりぬりしていましたが、

その日からはちょっと目を話すと

両手に塗っていました。

左手も使ったのか!すごい!

 

じゃない、一応マニキュアの時も顔に書いた時も

体にはかかないよ。ペンはこの紙に描くのよ。と注意はしましたが、

なんか、分かります。ただのいたずらではなくて、

おしゃれをしたかったのだと思います。

 

流石に水性ペンで顔にお化粧をした記憶はありませんが、

私も幼稚園の頃、母の口紅をこそっと塗ったのは覚えています。

母に見つかり笑われて恥ずかしかったことも。

 

水性ペンで顔に書いたり、親の化粧品を使ったりするのは、

お化粧に興味を持った子どもあるあるなのかな?と思います。

 

ちなみに…

 

 

数年前のはっさくちゃんもやっちゃってますよ。

化粧と言うよりもはや顎髭に見えます。

本人満足そうでした。

 

現在5歳のはっさくは、子ども用の化粧道具を買っていて

時々自分で化粧をしています。

自分だけでなく人にもしたいらしく、

私もはっさくに化粧をしてもらったことがあります。

 

昔描いた漫画↓

 

そういえばこんな事がありました。


数年前は顔に水性ペンで書いていたはっさくですが

今では正しいアイテムでメイクをしています。

かぼすが『アイシャドウ買って』『マニキュア買って』という日も

そう遠くはないでしょう。

 

 

 

はっさくのおしゃれ&世界観↓↓

irojiroriko.hatenablog.com

 

 

irojiroriko.hatenablog.com