色白おやじの妻ブログ

『色白(姓)りこ(名)』と申します。『色白おやじ』の妻で、3児の母です。

2階のある実家に行ったら

f:id:irojiroriko:20211021174722p:plain

 

 

 

 

f:id:irojiroriko:20211021174205p:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20211021174224p:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20211021174241p:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20211021174314p:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20211021174330p:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20211021174404p:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20211021174416p:plain

 

実家は近所なのですが、両親と高齢の祖父母も住んでいるためコロナ自粛中はほとんど行きませんでした。行ったとしても庭だけ。

でも全員ワクチンも打ったので最近はまた行くようになりました。

 

実家に行くと2階が楽しい様で3人とも上がったり下りたりかくれんぼしたり遊んでいますが、かぼすは気付くと勝手に階段を登っているので目が離せませんでした。

 

プキャもはっさくもかくれんぼはしたい。

プキャは2階に隠れたい。

はっさくは一人2階でプキャを探すのが怖い。

でも、どこにいるか分かっていれば大丈夫。

その結果考え出されたのが、あのサービスなのです。

 

 

 

 

プキャのイマジナリーフレンド

プキャが5歳の時に描いた『こころのぼく』

 

f:id:irojiroriko:20211019232030j:plain

ぼくはひとりじゃないんだ

だってこころのぼくがいるから

 

作詞作曲までしていました。

当時プキャは、突然この様な絵を描いたはものの、「こころのぼく」がコレした、アレしたと言うエピソードはありませんでした。

ただ、プキャの心に存在していたのだと思います。

 

時は経ち、7歳の一学期

プキャの朝の支度が遅くなり、いつも一緒に登校する友達とその日は行けず、一人で登校することになりました。

(私は時々プキャの通学路の途中までついていきます)

残念がるプキャを見てふと「こころのぼく」を思い出しました。

 

「プキャ、今日はこころのぼくとお話しながら行ってみたら?」と言いました。

するとプキャが「えー、無理だよぉ」と言ったので、

(さすがに、もういないのかな)と思っていたら

 

「話すネタがないんだよねー」

と言ったのです。

(まだ否定はしないんだ)と思いながら、

「話す内容はプキャが考えたらいいんじゃない?」と無茶を言って見送りました。

 

↓ちなみに夫が書いたその記事

wide-tree.hatenablog.com

 

 

それから何日か経ったある日、

f:id:irojiroriko:20211019235035j:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211019235107j:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211019235614j:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20211019235627j:plain

 

はっさくが「おかーたんの声真似聞けると思ったのになんなの??」というような表情で私を見ていました。

 

ちなみに私は4枚目の展開が2枚目の時、分かっていたのですが黙って見ていました。

 

 

プキャは、この時は「今でも時々心の家にいるよ」と言っていました。

しかし、この日以降プキャの口からこころのぼくの話は聞いていません。

今もいるのかどうかは不明ですが、いたら素敵だなと思います。

 

 

皆様はイマジナリーフレンドいますか?

かぼすのギャップ

かぼすが言葉を覚えました。

 

f:id:irojiroriko:20211018232636p:plain

言葉は「遊ぼう」で意味は「本を読んで」

 

(昨日ぐらいからおもちゃなどで遊んでほしいときも「あしょぼん」と言うようになりました。)

 

f:id:irojiroriko:20211018232705p:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211018232729p:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211018232747p:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211018232803p:plain

こわっっ!

振り幅大きいな

駄々をこねるわけでもうそ泣きするわけでもなく、

低音ボイスで睨む

 

もぅっ☆どこで覚えたんだか!

 

誰?子は親の鏡って言ったのは

私とはっさくの「にじゅう」

先日はっさくとテレビを見ていたときのことです。f:id:irojiroriko:20211017103414p:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211017103446p:plain

ハタチという言葉はまだ知らないはっさくに分かりやすく伝えるために

あえて「にじゅう」と言いました。

 

 

f:id:irojiroriko:20211017103637p:plain

気付くと歌っていたはっさく

 

 

f:id:irojiroriko:20211017103652p:plain

はっさくは、ニジュー

私は二十

だったのです。

 

 

余談ですが、先日かぼすに幼児動画をテレビで見せていた時、

CMになったので手が離せなかった私は全く別のことをしていたプキャに

「プキャ、スキップしてくれない?」と言いました。

 

言った後すぐに(突然スキップしてなんて言ったらその場でドシンドシンスキップするかも…)と思っていたら、普通に動画のCMをスキップしてくれました。

 

これ私だったら同じ状況で同じ事言われたら疑問に思いながらもドッシンドッシン家の中をスキップしていたと思います。

 

ジェネレーションギャップとまではいきませんが、

なんか、はっさくもプキャも間違いなく令和を生きているなと思いました。

 

 

「はてなブロガーに10の質問」に答えました

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

以前よりブログをしていた夫「色白おやじ」の妻なので、そのままのブログ名にしました。

「色白りこ」は色白家5人の本名から取りました。

 

はてなブログを始めたきっかけは?

夫がブログを書いていて、私もTwitterInstagramには日常漫画を投稿していましたが、漫画についての話や、文章なども書いてみたいと思い最近始めました。

 

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

irojiroriko.hatenablog.com

内容は簡単な自己紹介なのですが、自画像が気に入っています。

初めてのイラストアプリで使い方が分からないまま何となく描いたものです。

人様にお見せするために描いたわけではありませんが、夫から私っぽいと言われたので採用しました。

 

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

時間さえあれば書きたいです。

子どもを寝かしつけた後のシーンとした時は猛烈に書きたいです。

 

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

ゼロです。

基本書いたら即更新します。

しかし漫画は描いているので近々更新します。

テーマは「私とはっさくのにじゅう」、「かぼすのギャップ」

 

自分の記事を読み返すことはある?

あります。

すべてノンフィクションなので勢いのまま変なこと書いてないかな…と

 

好きなはてなブロガーは?

こんな自己満絵日記ブログの読者になっていただいている4人の読者様、スターをつけてくださる皆様、好きです。

 

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

いつもお世話になります。

10周年おめでとうございます♡

実は、夫と私も出会ってから10周年です。

奇遇ですね♡

これからも夫婦ともどもよろしくお願いします。

 

 

これは独り言です

万年筆昔から使ってみたいなと思っていました。

 

10年前は何してた?

仕事は新人オペ看をしていました。

プライベートでは同期とストレス発散の為の会合や、

真面目で優しくて爽やかな青年とお付き合いをして色々なところにお出かけしていました。

 

この10年を一言でまとめると?

一言でまとめられないくらい、立場や環境が変わりましたが、

 

幸せです。

 

色白おやじ観察日記(かわいい)

今年の暑い暑い夏の日の話

 

キッチンの窓から夫が帰ってきたのが見えました。

f:id:irojiroriko:20211015092832j:plain



 

f:id:irojiroriko:20211015092918j:plain

汗だく色白おやじ

 

 

f:id:irojiroriko:20211015093052j:plain

 

 

 

f:id:irojiroriko:20211015093109j:plain

暑いし仕事帰りで疲れているのだから空気を入れたらさっさと涼しい家に入ればいいものを。

 

ドライブを終え、ようやく家に入ってきた夫に

「ずっと見てたけど、凄くニコニコして自転車漕いでたね」と言うと

 

「え?ニコニコしてた?自転車が快適になったから(照)」と。

 

うん。そうだと思った。

 

こういうかわいいところもある夫なんです。

 

 

 

え?

どこが?って?

 

まぁ仕事帰りの30代男性が汗だくで自転車のタイヤに空気を入れて、そのまま笑いながらドライブに行ったという話なので、可愛いと言われて「どこが」と思うのは正しいと思います。

 

なぞなぞ1問に3つの答え

プキャが突然なぞなぞを出してと言うので即興で考えました。

 

f:id:irojiroriko:20211014171556j:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211014171608j:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211014171732j:plain

 

 

f:id:irojiroriko:20211014171743j:plain

別に勝ち負けじゃないけどね。

7歳の「疑問」の後に

30半ばの「モンキー」を聞いたら…ね。

 

 

あなたはどんな答えが浮かびましたか?